このページの先頭へ

内容証明【契約解除・クーリングオフ関連】

内容証明【クーリングオフ・契約解除関連】

筑紫野市の若手行政書士

「争いが起きる前に予防し笑顔を守る」 「地域活性のためのお手伝い」
「地域密着No1宣言!」


〈当事務所は安心の迅速対応〉
あらかじめご予約いただければ、ご自宅まで相談に伺います。
お忙しい方にも安心です。時間外、土日祭日の対応も可能です。
 

【公式ライン登録↓↓】でサポートがより便利に!

 

友だち追加

 

ご予約ご相談時にご活用ください(^^)/

 

費用/オプション 内容証明郵便発送代行 福岡<全国対応可>

そもそも内容証明(郵便)ってなに?

内容証明とは、郵便の差出人が何年何月何日『いつ』、『誰に』、『どのような内容の文書』を発送したかを郵便局長により公的に証明するもので、後々のトラブル防止、クーリングオフ等後で証明する場合に有効な手段です。

内容証明郵便

 

 

当事務所3つのメリット

最低10,000円(税別)からのリーズナブル価格のご提案
お忙しい方に朗報!煩わしい文案作成代行します(プロによるチェック付き)
最短即日発送!全国対応!

 

当事務所のサービス

  • 法律上のアドバイス、チェック
  • 内容証明の文案起案作成
  • 電子内容証明郵便での発送代行

修正はご納得いただけるまで行います。その場合追加の報酬は一切かかりません

 

 

内容

報酬(税別)

備考

内容証明作成 10,000円~ 当事務所で原案作成からご依頼されると30,000円程度(案件により上下あり)

テンプレートを利用されると一万円のお値引きあり

当事務所の署名付き文書 20,000円 当事務所の署名と職印が入ります。任意です。

※当事務所は着手金制です。入金確認後に発送代行いたします。

 

内容証明郵便用オプションサービス

 

お客様からの要望により、
内容証明郵便にセットできるオプションサービスをご用意いたしました。
是非ご利用ください。
(※案件次第ではつけられないものもございます。)

 

 

A.受取人の所在調査サービス [¥5,000円(税別)+実費]

 

 受取人が転居してしまい、所在(送付先)がわからないという場合に有効。
当事務所側で出来うる範囲で、住民票や戸籍附票の収集、調査、判明後再送付いたします。
※調査に一週間程度かかります。
必ず送付先が判明するとは限りませんのでご了承くださいませ。

 

 

B.内容証明郵便と同じ内容の通知書を普通郵便で発送するサービス

[¥1,000円(税別)]

 

 内容証明郵便を受け取ってもらえない場合に有効。
 同じ内容の通知書を普通郵便で別途発送し、相手方ポストに投函されるよう手配します。

 

 

C.内容証明郵便と同内容の通知書を特定記録郵便で発送するサービス

[¥2,000円(税別)]

 

 内容証明郵便が届かなかった場合(※居留守、不在票の宛名で用件が分かってしまう場合など内容証明郵便の受取自体を無視されることもあり、その場合、郵便局に7日間保管され送付先に戻ってきます。)でも、同内容の通知書を特定記録郵便で発送することで、相手方に意思表示を到達させることが可能です。
 特定記録郵便とは、郵便物を差し出した記録を残したいときに利用されます。追跡もできます。

 

D.内容証明通知送付後、相手方から返送を求めるサービス

[¥10,000円(税別)~]

誓約書・念書・約定書等を別便(簡易書留等)で発送し、相手方に返送してもらいます。

 

 

E.請求明細等を別便(簡易書留等)で送付するサービス

[¥3,000円(税別)]

 お客様の指示の元、請求明細を別途作成します。
内容証明の本文で合計金額のみ表示し、請求内訳を別途送付したい場合にご活用ください。

 

 

F.クレジットカード会社あて支払停止申立て発送サービス

[¥8,000円(税別)]

 

 

G.別途示談書や念書等を当事務所で作成するサービス

[¥10,000円(税別) or 正規料金の半額 のいずれか高い方]

 このオプションは受取人からの反応があってから適用され、サービス価格でご依頼いただけます。

 

内容証明郵便

 

>>お問い合わせフォーム

 

内容証明郵便発送代行福岡<全国対応可>

 

こんなことありませんか?

 

 

強引な勧誘で契約してしまったけど、やっぱりいらない。
クーリングオフできるかも?

 

契約の申込みの撤回・解除をしたい!

 

広告を見て始めた内職、
「絶対稼げる」って話は嘘かも・・・

 

 

ー ご準備いただきたいもの ー 
《必要なもの》
 

相手先の名前・正確な住所のわかるもの

  (※住所が間違っている場合返送されることがありますのでご注意ください。)


 ②支払先用(お客様の)口座番号(※支払いの請求がなければ不要です)

 

 (ほかあればいいもの)
 ・契約書(当事務所あてに郵便かFAXしていただくとより精度の高いアドバイスが可能です。)
 ・請求書など請求(被害)金額がわかるもの(※なくても請求できますが念のため)
 ・相手から送ってこられた文書など周辺事情とお客様の要求の根拠となる書類等
 ・ほか現在ある証拠
 例;①それぞれの事情に関連する証拠書類等
    ②メモ等

 

問い合わせ

 

 

内容証明通知A(クーリングオフ) 福岡/全国対応!

 

内容証明郵便で通知する場合、契約書を参考にして以下のことを必ず明記しましょう。
 ・契約締結日
 ・商品名
 ・代金額

 

◆クーリングオフできる取引と期間

取引

規制対象

期間

訪問販売

・キャッチセールス(駅前・繁華街等で目的を隠して営業所に勧誘する商法)
・アポイントメントセールス(販売目的を隠してメール・手紙などで誘い出す商法)
・催眠商法(会場に誘い出した客を話術や雰囲気で高揚させ、商品の販売を行う商法)
・押し売り(自宅に突然訪問してきて商品を販売する方法)


8日

電話勧誘販売

事業者が電話で勧誘を行い、申込みを受ける取引のこと。 電話をいったん切った後、消費者が郵便や電話等によって申込みを行う場合にも該当。


8日

特定継続的

役務提供

長期・継続的なサービスの提供と、これに対する高額の対価を約する取引のこと。
現在、エステティック、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相手紹介サービス、パソコン教室の7つの役務が対象。


8日

訪問購入

事業者が消費者の自宅等を訪問して、物品の購入を行う取引のこと。押し買いなど。


8日

連鎖販売取引

個人を販売員として勧誘し、更にその個人に次の販売員の勧誘をさせるというかたちで、販売組織を連鎖的に拡大して行う商品・サービスの取引のこと。マルチ商法など。

20日

業務提供

誘引販売取引

「仕事を提供するので収入が得られる」という口実で消費者を誘引し、仕事に必要であるとして、商品等を売って金銭負担を負わせる取引のこと。

20日

通信販売

電話やインターネット等通信手段を使った商取引 クーリングオフ

制度なし

ネガティブオプション

送りつけ商法(注文していない商品を一方的に送りつけ、後から代金を請求する商法) クーリングオフ

制度なし

 

発信主義・・・クーリングオフ制度は特別に発信主義を取っているため、期間内の消印のタイミングまでに送付すればよく、相手の到達日を気にする必要はありません。
※クレジット契約をしている場合は、販売会社とクレジット会社に同時に通知します。
※クーリング・オフができないと事業者が言ったり、脅したりしてクーリング・オフができなかった場合には、所定の期間を過ぎてもクーリング・オフができます。

 

 

 

消費者契約に関する法律は改正が特に多いです!参考程度にご利用ください。

 

「特定商取引法ガイド」サイトHP 

 

消費者ホットライン188HP


 

 

 

 

【コース】A-①  クーリングオフ通知(簡易版)

 

 

問い合わせ

 

2万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、本書面をもちまして貴社と締結した左記の契約を解除します。

 

契約年月日  令和○○年○○月○○日
商品名     ○○○○○○
数量      ◯個

 

つきましては、当方が契約締結に際し、貴社に支払った金○○○○円を、本書到達後、直ちに後記銀行口座宛にお振込みのうえ返還してください。
なお、商品に関しましては、至急貴社の費用でお引き取りください。以上通知いたします。                 

 

草々

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

 

 

【コース】A-② クーリングオフ通知(営業担当者がわかるケース)  

 

 

問い合わせ

 

2万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日、貴社営業員○○○○氏の勧誘により、○○○○の申込みをいたしましたが、本書面をもって当該契約の申込みを撤回し、契約を解除します。

 

契約年月日  令和○○年○○月○○日
商品名     ○○○○○○
数量      ◯個

 

つきましては、当方が契約締結に際し、貴社に支払った申込金○○○円を、本書到達後速やかに後記口座宛に返金ください。
草々

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

 

 

 

 

【コース】A-③  クーリングオフ通知(キャッチセールス)  

 

 

 

問い合わせ

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は令和○○年○月○日(場所;○○○○)で貴社のセールスマン○○○○氏に勧誘され、貴社の商品○○○○を代金○○○○円で買い受ける契約をいたしましたが、特定商取引法9条の定めにより、本書面をもって上記契約を解除いたします。

 

草々

訪問販売にあたり、期間は8日間です。

 

 

 

 

【コース】A-④  クーリングオフ通知( アポイントメント商法)  

 

 

 

問い合わせ

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は令和○○年○月○日に貴社のスタッフから電話を受け、○○○○に選ばれた(当選した)との申し出に応じ、(場所;○○○○)まで行きました。
しかしながら、その場所は貴社の営業所であり、営業所に閉じ込められた密室状態で、○○時間も執拗に○○○○の購入を迫られ、恐怖心からやむを得ず契約を締結しました。
貴社の上記行為は特定商取引法9条により違反するものですので、本書面をもって上記契約を解除いたします。

 

草々

業者が販売目的を隠して電話やメールなどの連絡手段で営業所や喫茶店にて面会の約束をし、商品を売る悪質な商法を「アポイントメント商法」といいます。
訪問販売にあたり、期間は8日間です。

 

 

【コース】A-⑤

クーリングオフ通知(訪問販売による住宅リフォーム申込)

 

 

問い合わせ

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日、貴社営業員○○○○氏の勧誘により、○○○○リフォーム工事の申込みをいたしましたが、本書面をもって当該契約の申込みを撤回し、契約を解除します。
なお、すでに工事に着手してしまった部分につきましては、特定商取引法第9条に基づき、速やかに貴社の負担にて原状回復していただきますよう要求いたします。また、令和○○年○月○日に本契約についての手付金としてお支払いした金○○○○円を後記銀行口座宛に速やかに返還して下さい。

 

草々

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

訪問販売にあたり、期間は8日間です。

 

 

【コース】A-⑥

クーリングオフ通知(訪問販売による商品購入)  

 

 

問い合わせ

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に当方宅にて、貴社営業員○○○○氏の勧誘により左記商品の売買契約を締結しましたが、特定商取引法9条により本書面をもって売買契約を解除いたします。

 

商品名 ○○○○○○○○
数量  ○○個
代金  ○○○○円

 

つきましては、本書到達後速やかに、後記銀行口座宛に、すでにお支払いした右代金、金○○○○円をお振込み下さい。
また、右商品は当方にてお預かりしておりますので、至急、貴社のご負担によりお引取り下さい。

 

草々

 

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

訪問販売にあたり、期間は8日間です。

 

【コース】A-⑦

クーリングオフ通知(電話勧誘による商品購入)  

 

 

問い合わせ

 

 

2万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日、貴社の(※ 営業員○○○○氏からの )電話による勧誘を受け、商品○○○○を購入する旨の契約を締結しましたが、特定商取引法24条により本書面をもって当該契約を解除いたします。
つきましては、すでにお支払いした代金○○○○円を、本書到達後直ちに、後記銀行口座宛に振込み下さい。
また、右商品は当方にてお預かりしておりますので、貴社の費用により速やかにお引取りいただくよう請求いたします。

 

草々

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

 

 

【コース】A-⑧

クーリングオフ通知(電話勧誘による講座受講契約)  

 

 

問い合わせ

 

2万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日、貴社の営業員○○○○氏からの電話による勧誘を受け、○○○○講座の受講及び商品(テキスト、◯◯セット)○○○○の購入に関する契約を締結しましたが、特定商取引法24条により本書面をもって右契約を解除いたします。
つきましては、すでにお支払いした右代金計○○○○円を、本書到達後直ちに、本書到達後直ちに、後記銀行口座宛に振込みください。
また、右商品は当方にてお預かりしておりますので、貴社の費用により速やかにお引取りいただくよう請求いたします。

 

草々

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

 

 

【コース】A-⑨   中途解約通知(学習塾)

 

 

 

問い合わせ

 

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○○月○○日に、貴社経営の○○○塾と当方の子○○○○の○○○○受講契約を締結しましたが、先日、都合により解約の申込みをしたところ、貴社社員の○○○○氏から、(例;「顧客都合による解約の場合、契約金の返金には一切応じられない」)という回答をいただきました。
しかしながら、特定商取引法の規定では、対象役務金額が5万円以上で、契約期間が2ヶ月を超える学習塾の受講契約については、理由を問わず中途解約ができることとなっております。更に、損害賠償額の上限は、2万円または1ヶ月分の役務の対価に相当する額のいずれか低い額であると定められております。
従って、貴社は、サービスの未提供分である○○○○円から、同法で定められた上限金額である2万円を差し引いた○○○○円を速やかに当方に返金する法的義務があります。
よって、当方は、本書をもって、右契約の中途解約を通知すると共に、速やかに○○○○円をご返金いただくよう要求いたします。
ご返金につきましては、本書到達後、○○日以内に後記銀行口座宛にお振込み下さい。
なお、右期限内にお振込みが確認できない時は、直ちに法的措置を講じる所存でありますので、予めご承知おき下さい。

 

草々

 

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

※契約期間が二か月を超え、かつ5万円を超えるものがクーリングオフ対象です。

 

 

【コース】A-⑩   中途解約通知(パソコン教室)

 

 

問い合わせ

 

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に、貴社経営のパソコン教室○○○○と受講契約を締結しましたが、先日、都合により解約の申込みをしたところ、貴社社員の○○○○氏から、(例;「顧客都合による解約の場合、契約金の返金には一切応じられない」)という回答をいただきました。
しかしながら、特定商取引法の規定では、対象役務金額が5万円以上で、契約期間が2ヶ月を超えるパソコン教室の受講契約については、理由を問わず中途解約ができることとなっております。更に、損害賠償額の上限は、2万円または1ヶ月分の役務の対価に相当する額のいずれか低い額であると定められております。
従って、貴社は、サービスの未提供分である○○○○円から、同法で定められた上限金額である2万円を差し引いた○○○○円を速やかに当方に返金する法的義務があります。
よって、当方は、本書をもって、右契約の中途解約を通知すると共に、速やかに○○○○円をご返金いただくよう要求いたします。
ご返金につきましては、本書到達後、○○日以内に後記銀行口座宛にお振込み下さい。
なお、右期限内にお振込みが確認できない時は、直ちに法的措置を講じる所存でありますので、予めご承知おき下さい。

 

草々

 

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

※契約期間が二か月を超え、かつ5万円を超えるものがクーリングオフ対象です。

 

 

【コース】A-⑪  中途解約通知(家庭教師)

 

 

問い合わせ

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に、貴社と家庭教師を派遣していただく契約を締結しました。先日、都合により解約の申し出をしたところ、貴社社員の○○○○氏から、(例;契約金の返金には一切応じられない)という回答をいただきました。
しかしながら、本契約は契約期間が2ヶ月以上であり、更に契約金額が○○○万円であるところから、家庭教師派遣サービスの中途解約について定めた特定商取引法の規定により、損害賠償額の上限は、2万円または1ヶ月分の役務の対価に相当する額のいずれか低い額でありますので、貴社は、サービスの未提供分である○○○○○円から、法で定められた上限金額である2万円を差し引いた○○○○円を当方に返金する義務があります。
よって、速やかに○○○○円をご返金下さい。
ご返金につきましては、本書到達後、○○日以内に後記銀行口座宛にお振込み下さい。
なお、右期限内にお振込みが確認できない時は、直ちに法的措置を講じる所存でありますので、予めご承知おき下さい。

 

草々

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

※契約期間が二か月を超え、かつ5万円を超えるものがクーリングオフ対象です。

 

 

【コース】A-⑫   中途解約通知(語学教室)

 

 

 

問い合わせ

 

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に、貴社と○○語会話の○○○○コースを○○○○円で受講契約を締結しましたが、特定商取引法の規定により、本書をもって中途解約をいたします。
(例;当方の手元には、未使用チケットが○○回分残っておりますので、これをサービス未提供分に換算した○○○○円をチケットと引き換えに)
未受講費をご返金下さい。
未使用のチケット及びテキストは、ご指定の方法にて返品いたします。

 

草々

 

※契約期間が二か月を超え、かつ5万円を超えるものがクーリングオフ対象です。

 

【コース】A-⑬  中途解約通知(結婚相手紹介サービス)

 

 

問い合わせ

 

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に、貴社運営の結婚相手紹介サービスを利用するための会員契約を締結しましたが、特定商取引法の規定により、本書をもって中途解約をいたします。
右契約では、契約期間は○○ヶ月となっておりますが、当方が会員であった期間の○○ヶ月を差し引いた、○○ヶ月については、サービス未提供分となりますので、これを金額に換算した○○○○円をご返金下さい。
ご返金につきましては、本書到達後、○○日以内に後記銀行口座宛にお振込み下さい。            

 

草々

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)

 

※契約期間が二か月を超え、かつ5万円を超えるものがクーリングオフ対象です。

 

 

【コース】A-⑭   中途解約通知(エステ・美容)

 

 

問い合わせ

 

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に、貴社とエステティック(痩身・脱毛・美容)の施術契約(○○○○コース)を○○○○円で締結しました。しかし、特定商取引法の規定により、本書面をもって上記契約を中途解約(解除)をいたします。

 

草々

 

※契約期間が一か月を超え、かつ5万円を超えるものがクーリングオフ対象です。

 

 

【コース】A-⑮   クーリングオフ通知(割賦販売契約を解除)

 

 

問い合わせ

 

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日当方自宅を訪問された貴社の営業○○○○氏に勧誘され、貴社の商品○○○○を金○○○○円で購入する契約を○○回払いの分割払いで締結し、すでに○○円支払っておりますが、割賦販売法に基づき、本書面をもって上記契約を解除いたします。
つきましては、支払い済みの金○○円を返還していただきますよう請求いたします。

 

 

草々

※割賦販売契約は、営業所以外の場所で割賦販売契約を結んだ場合のみ、クーリングオフの対象(8日以内)となります。

 

【コース】A-⑯   クーリングオフ通知(内職商法)

 

 

問い合わせ

 

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、(ネット○○○○、雑誌○○○○)に掲載された貴社の○○○○業務にかかる内職募集広告に申し込み、研修費及びテキスト代(ほかま○○○○)として○○○○円を貴社に支払いました。しかしながら、月々安定的に業務を提供するという取り決めにもかかわらず、○○ヵ月経過後から現在に至るまで、全く業務の提供がありません。
つきましては、貴社の上記行為は詐欺にあたりますので、本書面をもちまして契約を取り消すとともに、支払い済みの金○○円を、直ちに返還されるよう請求します。

 

草々

内職商法は特商法の「業務提供誘因販売」にあたり、期間は20日間です。

 

【コース】A-⑰

購入した覚えのない商品の引取りを請求(ネガティブオプション)

 

 

問い合わせ

 

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

令和○○年○月○日、貴社より商品○○○○と請求書が送付されておりますが、当方はこの商品を注文しておりませんし、購入する意思もありません。
つきましては、貴社負担にてお引き取り願います。

 

草々

※「ネガティブオプション」とは、注文がないにもかかわらず事業者が消費者に商品を送付した上で、売買契約の申込みを行ったり、事業者の言う条件の下で売買契約の成立を主張して代金を請求することをさし、「送りつけ商法」、「押しつけ販売」ともいいます。

 

【コース】A-⑱

試用商品の引取り請求

 

 

問い合わせ

 

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

令和○○年○月○日当方自宅を訪問された貴社の社員が、商品○○○○を試用品として使ってみてくださいといい、一方的に置いていきました。その後、引き取っていただくよう連絡をしましたが、未だ放置されたままの状態です。
つきましては、本書面をもって、あらためて上記商品を購入する意思がないことを通知し、貴社商品を直ちに引き取られるよう請求いたします。

 

草々

勝手に処分すると、あとで商品代を請求されるおそれがあるため、念のため内容証明で証拠を残しておくことをお勧めします。

 

 

【コース】A-⑲

商品のクーリングオフ通知(誤認させられたケース)

 

 

問い合わせ

 

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日、貴社と下記商品○○「以下当該商品」の売買契約を○○○○円で締結いたしました。その後、○○年○月○日に貴社にクーリングオフする旨を連絡いたしましたが、その際、「使用したものは、クーリングオフできない」と対応していただけませんでした。
しかしながら、当該商品は政令指定の消耗品ではありませんので、使用後も解約できるものですし、貴社の行為は当方を誤認させ、特定商取引法で規制するクーリングオフ妨害にあたります。
 同法によれば、妨害を受けた場合は、再度クーリングオフできる旨の書面の交付が必要であり、交付から8日間を経過するまではクーリングオフ期間になりますので、本書面をもってクーリングオフの通知とさせていただきます。つきましては、後記銀行口座宛にお振込みのうえ商品代金の返金を請求いたします。

 

 

契約年月日  令和○○年○○月○○日
商品名    ○○○○○○
個数      ○○個

 

 

草々

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

※クーリング・オフができないと事業者が言ったり、脅したりしてクーリング・オフができなかった場合には、所定の期間を過ぎてもクーリング・オフができます。

 

【 政令指定消耗品 】2019年4月現在

動物及び植物の加工品でいわゆる「健康食品」等と呼ばれているもの(医薬品を除く)
不織布(シップ)、幅13cm以上の織物
コンドーム、生理用、
防虫剤、殺虫剤、防臭剤・脱臭剤
化粧品、毛髪用剤・石けん(医薬品を除く)、浴用剤、合成洗剤、洗浄剤、つや出し剤、ワックス、靴クリーム、歯ブラシ
履物
壁紙

 

事業者が消費者に交付した書面に、
「その商品を使用・消費するとクーリングオフができなくなる」旨が書かれている場合、
対象の政令指定商品を使用・消費してしてしまうとクーリングオフ対象外となります。
では、どこからが使用・消費したと言えるのでしょうか?

 

 

化粧品の場合
1.商品を開封した場合
開封しただけであれば
「使用・消費」にあたらない場合が多い

 

2.品質保持のため密閉されている商品を開封した場合
品質保持のために、真空パックになっているなど密閉されていること自体に商品価値がある場合は「使用・消費」にあたる

 

3.商品を開封し現実に使用した場合
「使用・消費」にあたる

 

4.販売勧誘の際に販売員が開け、使用させられた場合
現実に使用しているが、販売勧誘に際して行われた試用に過ぎず、
「使用・消費」にはあたらない

 

5.商品の全部を使用した場合
商品全部について「使用・消費」にあたる

 

6.商品の一部を使用した場合
現実に使用した商品の一部に関しては「使用・消費」にあたるが、
残部は残部のみでも単体として販売可能であれば「使用・消費」にあたらない

 

7.セット販売されている商品の一部を使用した場合
現実に使用した商品の一部に関しては「使用・消費」にあたるが、
残部は残部のみでも単体として販売可能であれば、事業者がセット販売していても使用していない範囲に関しては「使用・消費」にあたらない

内容証明通知B(契約の解除関連) 福岡/全国対応!

 

【コース】B-①
消費者契約法に基づく契約取り消し通知【押し売り】  

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に、○○県○○市○○町○○番○○号の当方宅において、貴社と○○○○の契約を結び、代金として金○○○○円をお支払いしました。
しかしながら、本契約については、当方が再三にわたり、当方宅から退去するように求めたにも関わらず、貴社の営業員○○○○氏が、それに従わず、困惑のあまり契約してしまったものです。よって、消費者契約法第四条に基づき、右契約を取り消します。
つきましては、本状到達後、○日以内に、後記銀行口座宛に、お支払した代金○○○○円全額をお振込みいただきたく、本書をもって通知いたします。
なお、右期限内にお振込みが確認できない時は、直ちに法的措置を講じる所存でありますので、予めご承知おき下さい。

 

草々

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

 

問い合わせ

 

 

【コース】B-②
消費者契約法に基づく契約取り消し通知【不当な勧誘】  

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に、○○県○○市○○町○○の貴社○○○展示場において、貴社と○○○○の契約を結び、代金として金○○○○円をお支払いしました。
しかしながら、本契約については、当方が右展示場より退去しようとしたにもかかわらず、それを妨害されたために、困惑のあまり契約してしまったものですから、消費者契約法第四条に基づき、右契約を取り消します。
つきましては、本状到達後、○日以内に、後記銀行口座宛に、お支払した代金○○○○円全額をお振込みいただきたく、本書をもって通知いたします。
なお、右期限内にお振込みが確認できない時は、直ちに法的措置を講じる所存でありますので、予めご承知おき下さい。

 

草々

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

 

 

問い合わせ

 

 

【コース】B-③
消費者契約法に基づく契約取り消し通知(絵画商法)  

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

令和○○年○月○日に、当方と貴社との間で締結された、絵画○○○○の購入に関する契約につきましては、当日、当方が○○県○○市○○町付近を散策中、貴社営業員に勧誘されて画廊へ連れて行かれた上、本絵画は今が底値で、これから必ず値が上がると言われたため契約したものです。
しかしながら、契約後インターネット等で調べたところ、同様の経緯で絵画を購入してしまった人たちの記事が数多く掲載されており、実際には、貴社営業員が断定的に説明したような絵画の値上がりは見込めないことが判明しました。
よって、右契約につきましては、消費者契約法第四条に基づき、本書をもって契約の取消しをさせて頂きます。

 

草々

 

 

 

問い合わせ

 

 

【コース】B-④
消費者契約法に基づく契約取り消し通知(断定的判断の提供)  

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に、貴社と○○○○に関する契約を結び、代金として○○○○円をお支払いしました。
しかしながら、本契約については、貴社の営業員○○○○氏が、○○○の事項につき○○○○であると、本来不確実な事項であるにもかかわらず断定的判断を提供し、更に貴社資料においても同様の事実があったため、当方がそれを誤認し、申し込みをしたものです。よって、消費者契約法第四条に基づき、右契約を取り消します。
つきましては、本状到達後、○日以内に、後記銀行口座宛に、お支払した代金○○○○円全額をお振込みいただきたく、本書をもって通知いたします。
なお、右期限内にお振込みが確認できない時は、直ちに法的措置を講じる所存でありますので、予めご承知おき下さい。

 

草々  
        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

 

問い合わせ

 

 

 

【コース】B-⑤
消費者契約法に基づく契約取り消し通知(不実告知)  

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に、貴社と○○○○に関する契約を結び、その代金として金○○○○円をお支払いしました。
しかしながら、本契約については、貴社の営業員○○○○氏が、○○○の事項につき○○○○であると、事実と異なる説明をされ、当方がそれを信じて申込みをしたものですから消費者契約法第四条に基づき、右契約を取り消します。
つきましては、本状到達後、○日以内に、後記銀行口座宛に、お支払した代金全額をお振込みのうえ返還していただきたく、本書をもって通知いたします。
なお、右期限内にお振込みが確認できない時は、直ちに法的措置を講じる所存でありますので、予めご承知おき下さい。

 

草々  

 

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

 

 

問い合わせ

 

 

【コース】B-⑥
契約解除通知(解除事由の発生)  

 

4万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

令和○○年○月○日に当社と貴社との間で締結された○○○○に関する契約(契約書番号○○)につき、第○○条○○項にて定められた事由が発生いたしましたので、第○○条○○項に基づき、本状をもって右契約を解除いたします。

 

草々

 

 

問い合わせ

 

 

 

【コース】B-⑦
契約解除通知(信用状況の悪化)  

 

4万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当社と貴社との間で締結されております令和○○年○月○日付の継続的商品売買基本契約書には、甲または乙について、財産状態もしくは信用状況が悪化し、又はそのおそれがあると認められる相当の事由があるとき、相手方は催告及び自己債務の履行の提供をしないで、直ちにこの契約及び個別契約の全部又は一部を解除することができる旨記載されておりますが、貴社は、再三、当社に対する売掛金の決済を遅延させており、更に、他の取引先からも取引停止や商品の引き上げをされているという情報もあって、残念ながら、著しく信用状況が悪化していると言わざるを得ません。
よって、右契約書の第○○条第○○項に基づき、本書をもって、当該契約の全部の解除を通知いたします。

 

草々

 

 

 

問い合わせ

 

 

【コース】B-⑧
契約解除通知(守秘義務違反)  

 

4万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当社と貴社との間で締結されております、令和○○年○月○日付の継続的商品売買基本契約書には、第○○条の守秘義務に関する条項において、本契約に関連して相手方が開示した情報につき、相手方の書面による承諾を得ることなく第三者に開示・漏洩しないものとし、かつ、本契約における義務の履行又は権利の行使に必要な場合を除き、いかなる方法によらず利用をしないものとする旨定められておりますが、貴社は、当社の書面による承諾無しに、当社が開発した商品○○○○の図面及び仕様書を基に、他社に商品開発をさせておられます。
これは、右契約の守秘義務に反する行為であり、著しい背信行為でありますので、右契約書の第○○条第○○項に基づき、本書をもって、右契約全部の解除を通知いたします。
あわせて、契約解除による期限の利益の喪失にともない、現在、当社が貴社に対して有する売掛債権につきまして、直ちにお支払いいただきますよう請求いたします。
また、右契約書の第○○条第○○項による解除は、損害賠償請求を防げないと明記されていますので、貴社が、当社が開示した情報を第三者に漏洩したことにより生じた損害につきましては、改めて損害賠償請求をさせていただきますので、ご承知おき下さい。

 

草々

 

 

 

問い合わせ

 

 

【コース】B-⑨
損害賠償請求通知(隠れた瑕疵が判明)  

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

令和○○年○月○日に当社と貴社との間で締結された○○○○に関する商品売買契約(契約書番号○○)につきましては、引き渡された○○○○に○○○○という隠れた瑕疵があったことが判明しました。
そのため、この欠陥について修理修繕を行ったところ○○○○円発生しました。よって、上記金額を損害賠償請求いたしますので、その旨通知いたします。
つきましては、本状到達後、○日以内に、後記口座まで全額をお振込みください。

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)

 

草々

※「隠れた瑕疵」とは、買主が取引上において一般的に要求される程度の通常の注意を払っても知り得ない重大な欠陥のこと。
※重大な欠陥について具体的に記載することが重要です。
※契約の目的が達成できる場合は損害賠償請求のみできます。達成できない場合は解除の請求となります。

 

 

問い合わせ

 

 

【コース】B-⑩
契約解除通知(隠れた瑕疵が判明)  

 

4万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

令和○○年○月○日に当社と貴社との間で締結された○○○○に関する商品売買契約(契約書番号○○)につきましては、引き渡された○○○○に○○○○という隠れた瑕疵があったことが判明しました。
そのため、契約の目的を達することができない事となりましたので、民法に基づき、本書面を持ちまして右契約を解除いたします。
なお、契約解除に伴う債権債務の清算等につきましては改めてご相談させていただきます。

 

草々

 

※「隠れた瑕疵」とは、買主が取引上において一般的に要求される程度の通常の注意を払っても知り得ない重大な欠陥のこと。
※重大な欠陥について具体的に記載することが重要です。
※契約の目的が達成できる場合は損害賠償請求のみできます。達成できない場合は解除の請求となります。

 

問い合わせ

 

 

【コース】B-⑪
契約解除通知(債務不履行)  

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に、貴社と○○○○に関する契約を結び、その代金として金○○○○円をお支払いしました。
しかしながら、貴社が、契約時に、当方にお約束された○○○○が履行されておりませんので、民法415条に基づき、右契約を解除いたします。
つきましては、本状到達後、○日以内に、後記銀行口座宛に、お支払した代金全額をお振込みのうえ返還していただきたく、本書面をもって通知いたします。
なお、右期限内にお振込みが確認できない時は、直ちに法的措置を講じる所存でありますので、予めご承知おき下さい。

 

草々

 

 

        記
   銀行名 :○○銀行
   支店名 :○○支店
   預金種別:普通預金
   口座番号:○○○○○
   口座名義:法務 太郎
        (ホウム タロウ)
以上

 

 

問い合わせ

 

 

【コース】B-⑫
契約の更新をしない旨の通知(契約期間満了)  

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当社と貴社との間で締結されております、令和○○年○月○日付の継続的商品売買基本契約につきましては、令和○○年○月○日にその契約期間が満了いたしますが、当社は契約の更新を希望いたしませんので、(※当該契約書の第○○条に基づき、)本書面をもちまして契約更新をしない旨の通知と致しますので、ご了承ください。

 

草々

 

 

 

問い合わせ

 

 

【コース】B-⑬
錯誤を理由とする契約無効通知  

 

3万円(税別)

(※下記モデル文例を参考にお客様で作成された場合1万円値引きします!)

 

冠省

 

当方は、令和○○年○月○日に貴殿(※貴社営業員)との間で締結された○○○○に関する○○○○売買契約につきましては、貴殿(※貴社営業員)の説明により、○○○○が○○○○のものと思い契約を致しましたが、この度、実際には必要が無いことが判明しました。
つきましては、右売買契約について、本書をもって、錯誤による無効を主張させて頂きますのでご了承下さい。

 

草々

 

 

問い合わせ

ご依頼の流れ 内容証明郵便発送代行福岡<全国対応可>

 

お問い合わせ・ご相談フォームより依頼したい内容、詳細をお知らせください。
<その際は、当事務所が用意したテンプレートをぜひご活用ください、
 スムーズかつリーズナブルなご案内が可能です。>

 ↓

②内容証明作成に必要なことをお伺いします。
 そのときは、基本メールにてご連絡させていただきます。

 ↓

③プランを選択していただきます。又はお見積り額を提示させていただきます。

 ↓

④オプションのご希望があれば、お申し付けください。

 ↓

⑤内容証明郵便の原案を作成し、メールに添付し送信させていただきます。

 ↓

⑥原案の文面で加筆・訂正のご希望があれば、メールにてご指示ください。
 訂正は無料で対応させていただきます。

 ↓

⑦内容証明郵便が完成次第、発送日をご相談(即日送付も時間帯、状況によっては可能)させていただきます。
 合計額をお振込みいただき着手金とさせていただきます。

 

送付先:福岡県筑紫野市針摺南2-6-3

     野田祥明行政書士事務所

     TEL/092-775-8398

     FAX/092-775-8170

 

【当事務所口座】

銀行名  西日本シティ銀行

店番    461

口座番号 3035817

名義    ノダヨシアキ

 

当事務所用口座案内書

 

 ↓

⑧着手金確認後、迅速に当事務所より発送代行手続きをさせていただきます。

 ↓

 

⑨-a
内容証明郵便が相手に配達されると、後日配達証明書が当事務所に届きます。
配達証明書と内容証明の原本をご依頼人様に郵送させていただきます。

 

or

 

⑨-b
受取人が留守のため配達できなかった場合、郵便局に一定期間(一週間程度)保管されます。
(※受取人が取りにこない場合、郵便局によりもう一度再配達があり、それでも留守の場合は送り主先へ返送されます。その場合は、対応策を別途検討することになります。相手が居留守を使うことが事前にわかっている場合は、ご相談ください。)

 

 

 

<対応地域>
福岡県全域
福岡市中央区、福岡県福岡市早良区、福岡県福岡市城南区、福岡県福岡市西区、福岡県福岡市博多区、福岡県福岡市東区、福岡県福岡市南区、糸島市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、筑紫郡、那珂川町、糟屋郡、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、嘉麻市、朝倉市、みやま市、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、北九州市、行橋市、豊前市、中間市、遠賀郡、芦屋町、岡垣町、遠賀町、水巻町、鞍手郡、鞍手町、小竹町、嘉穂郡、桂川町、朝倉郡、筑前町、三井郡、大刀洗町、三潴郡、大木町、八女郡、広川町、田川郡、赤村、糸田、大任町、京都郡、苅田町、みやこ町、築上郡、築城町、上毛町

 

全国からのご依頼対応可!
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
東京都 神奈川県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

ご用意するもの 内容証明郵便発送代行福岡<全国対応可>

ー ご準備いただきたいもの ー 
《必要なもの》
 

相手先の名前・正確な住所のわかるもの

  (※住所が間違っている場合返送されることがありますのでご注意ください。)


 ②支払先用(お客様の)口座番号(※支払いの請求がなければ不要です)

 

 (ほかあればいいもの)
 ・契約書(当事務所あてに郵便かFAXしていただくとより精度の高いアドバイスが可能です。)
 ・請求書など請求(被害)金額がわかるもの(※なくても請求できますが念のため)
 ・相手から送ってこられた文書など周辺事情とお客様の要求の根拠となる書類等
 ・ほか現在ある証拠
 例;①それぞれの事情に関連する証拠書類等
    ②メモ等

 

内容証明

内容証明郵便発送代行 福岡<全国対応可>

~内容証明活用のすすめ~

 

内容証明は①日付の証明、次に②請求内容の明確性に有効な手段です。

 裁判、訴訟、調停、弁護士への相談(無料含む)など、どの相談場所であっても、まずは証拠になるものを要求・催促されます。

 

 ここで重要なことは、自分が被害者として、どの程度深く傷ついたか、現在どんなひどい状況に置かれているかといった身の上話は、残念ながら、法律上参考にしてもらえないことが多いということです。(一応は聴いてもらえるでしょう、その代わり時間があっという間に経ってしまいますが・・・)

 

 

証拠が手元にないということが、
法律上どれだけ無防備であるか
を痛感することに・・・。

 

 仮に、ヒアリング時(被害の内容とそれに対する請求内容)がまとまっており、
日付の入った証拠があれば、それを読んでいただけるだけで、相談を受ける第三者もトラブルの全体像が分かり状況を共有できます。
そして聞き手は足りないところを補充する形であなたにヒアリングすることができますので、お互いの負担が減ります。

 

 

各相談場所の相談時間は平均30分から1時間です。

 

 とても短いです。この短い時間で要点を整理して、トラブルの全体像を伝えるのは慣れない方には大変なことです。
口下手な方は当然として、自信のある方でも話が横道に逸れてしまったり、だんだんと趣旨からずれてしまうことがよくあります。
長々と聞いた挙句、結局論点がずれていた、こんなことはよくあります。
そもそも法律は日本語ではありますが、用語、解釈に日常感覚とかなりのズレがあるというところに主な原因があります。
 内容証明を上手に活用していただくことで、困った方に少しでもお役に立てればと当事務所は考えております。

 

 

(内容証明の形式)

 

 

縦書き横書きどちらでも構いません

 

縦書きの場合  1行20文字以内、1枚26行以内

 

横書きの場合
①1行20文字以内、1枚26行以内
②1行13文字以内、1枚40行以内
③1行26文字以内、1枚20行以内

 

 

 

同じ文書を3通用意して郵便局に差し出します。用意した3通の内1通は相手方、1通は差出人控え、1通は郵便局控えになりますので安心です。配達証明付きにすれば確定(した)日付で送付でき、日付の証明もできます。

 

行政書士は依頼者の意思に基づき、文書作成の代理人として法的効力が生じる書面にとりまとめ、内容証明郵便として作成いたします。

 

※法的紛争段階にある事案に係わるものはお断りする場合がございます。(当事務所が判断します)

 

内容証明

 

 

 

 

○見逃せない内容証明(郵便/通知)の隠れた効果
 ある日、郵便局の方から封書が相手方に原則手渡し(投函不可)で届きます。
 内容証明郵便を受け取った相手は、「これは単なる請求ではないようだ、放っておいたら次は何らかの法律的な手段を取ってくるかもしれない、逃げ切れると思っていたのに、これは面倒くさいことになったな、どうしよう?」
 確かにそんな文章を送りますから、一度読めばこんな気分になることでしょう。相手方にはなぜか落ち着かない心理的な圧力がかかってきます。何度も電話で直接交渉を行っても、話がつかなかった相手に、内容証明を送付したら、あっさりと話しがついたという例はよくあります。

 

 基本的には裁判まで発展させるほどでもない(もしくは裁判をする気がそもそもない)お困りごとに内容証明郵便は一定の効果を発揮します。
 もちろん、後々の裁判など法的手段をとる場合の証拠にもなりますし、発送するだけで解決した事例もございます。
 当面裁判までの予定がなくても、念のため、内容証明通知を利用して有力な証拠を迅速に残しておくことをお勧めします。
 時効が差し迫っているケースでは、まず内容証明通知で6か月時効を止め、その期間内に資料、証拠を収集、弁護士を探して、裁判上の訴訟を起こすのもよいでしょう。

 

 

 

 

~活用事例~

 

金銭返還請求

通常の貸金返還請求、売掛金支払請求、家賃支払請求、敷金返還請求、給与支払請求、養育費や慰謝料支払請求、クーリングオフ行使や契約取消しに伴う代金返還請求、報酬支払請求など。

 

行為差し止め・警告として

職場や学校内でのいじめや誹謗中傷(不法行為)、近隣住人に対する迷惑行為(騒音や生活環境を悪化させる行為など)、下請法に違反する行為(代金減額や不当な経済上の利益の提供要請や物や役務の購入要請等)など。

 

通知や催告として

金銭の支払い催告、契約解除通知、相殺通知、債権譲渡通知、債権放棄通知、定期借家(定期借地)契約の終了通知、貸主や借主が死亡したときの通知(賃料支払者や受領者の特定)、遺留分減殺請求など。

 

お問い合わせ

 

他内容証明が用いられるケース
 ◆借家契約の家賃請求、解約、家主死亡の通知
 ◆借地契約関係の通知
 ◆不動産売買の契約解除(手付倍返し)等の通知
 ◆商品売買時の料金未払い、商品の不着、破損に対する抗議
 ◆クーリングオフの通知
 ◆ブラック企業に対する退職届、賃金未払い請求
 ◆債権回収の督促状、若しくは時効による債権消滅の通知
 ◆損害賠償請求(交通事故や不倫などの不貞行為の慰謝料請求)
 ◆債務免除
 ◆債権譲渡の通知
 ◆債権の時効中断
 ◆検察、警察、都道府県労働局等司法警察員への告訴、告発状

 

 

 

=内容証明通知送付後の相談先=

 

・最寄りの法テラス
・少額訴訟(請求金額が60万円以下の場合)
・消費者庁相談窓口(消費者トラブルの場合)

 

>>お問い合わせフォーム

リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 事務所概要 ご依頼までの流れ 報酬一覧 お問い合わせ