福岡県筑紫野市の行政書士

古物商許可

筑紫野市の若手行政書士

「争いが起きる前に予防し笑顔を守る」 「地域活性のためのお手伝い」
「地域密着No1宣言!」


〈当事務所は安心の迅速対応〉
あらかじめご予約いただければ、ご自宅まで相談に伺います。
お忙しい方にも安心です。時間外、土日祭日の対応も可能です。

古物許可とは?

行政書士 許可 

古物営業には次の3種類があります。

 

※古物商許可というと一般的には1号営業のことをいいます。

 

【1号営業】古物を売買または交換(委託含む)する営業

 

【2号営業】古物市場を経営する営業

 

【3号営業】古物競りあっせん業

 

次のような場合は古物営業に該当しません。

 

・古物の買取りを行わず、古物の売却だけを行う営業

 

・自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行う営業


面倒な古物許可申請は当事務所にお任せください!

時間を節約したい

平日に警察署に行く暇がない

会社設立も検討中

書類作成が苦手

そもそも手続きの仕方がわからない

 

 

古物区分

古物とは、「一度使用された物品」、「新品で使用のために取引されたもの」、「これらの物品に手を加えたもの」などをいいます。
古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。

美術品類 書画、彫刻、工芸品等
衣類 和服類、洋服類、その他の衣料品等
時計・宝飾品類 時計、眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類等
自動車 その一部品であるタイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラー等
自動二輪車及び原動機付自転車 その一部品であるタイヤ、サイドミラー等
自転車類 その一部品である空気入れ、かご、カバー等
写真機類 カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡、光学機器等
事務機器類 レジスター、タイプライター、ワープロ、ファックス、シュレッダー、コピー機等
機械工具類 電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等
道具類 家具、楽器、運動用具、CD、DVD、ゲームソフト、玩具類、日用雑貨等
皮革・ゴム製品類 鞄、バッグ、靴、毛皮類、化学製品(ビニール製、レザー製)
書籍 文庫、雑誌等
金券類 商品券、ビール券、乗車券、航空券、郵便切手、収入印紙、テレホンカード等

 

欠格要件

次のいずれかの要件に該当する場合、許可申請をしても許可が受けられません。

 

・成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。

 

・禁錮以上の刑に処せられ、又は一定の犯罪により罰金の刑に処せられて、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者。

 

・住居の定まらない者。

 

・古物営業の許可を取り消されて5年を経過しない者。

 

・営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者。

 

・法人の役員、法定代理人が上記1から4までに掲げる事項に該当するとき。

費用

【古物営業許可】

 

申請内容 報酬(税別) 行政手数料 合計
法人/新規申請 40,000円 19,000円 59,000円
個人/新規申請 30,000円 19,000円 49,000円
変更届 18,000円 1,500円 19,500円
書換申請 20,000円 1,500円 21,500円
再交付申請 12,000円 1,300円 13,300円

 

>>お問い合わせフォーム

対応エリア

【福岡県】
福岡市全域(中央区、博多区、東区、南区、西区、城南区、早良区)
春日市、大野城市、太宰府市、筑紫野市、那珂川町
糟屋郡(宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町)
古賀市、新宮町
筑前町、甘木朝倉市、うきは市
小郡市、久留米市、大刀洗町

 

【佐賀県】
鳥栖市、基山町、みやき町、神埼市、佐賀市内近郊

 

【その他の地域】
その他福岡県内、県外の対応可能

リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 事務所概要 ご依頼までの流れ 報酬一覧 お問い合わせ